ホーム > 小児歯科

小児歯科

小児歯科診療について

<br /> 歯医者さんにはいつ行きますか?

ほとんどの場合は、虫歯やお口の中の異常等を見つけてからではないでしょうか。
お子さまの歯は平均して6?7ヶ月頃から生えはじめ、1才を過ぎた頃に上下の前歯が出揃います。 この頃が初めて小児歯科を受診する良い時期と思われます。
治療の必要がないと思われていても、正しい歯磨きの仕方や咬み合わせなどのお口の中の問題などを指摘してくれますので、歯科医や歯科衛生士と共に、一緒になってお子さまのお口の中を考えていきましょう。

<br /> 歯科予防はどうするの?

一般的には下の前歯からはえてきますが、この頃からがお母さま方の出番です。
お母さま方に虫歯予防に対する関心を持っていただき、虫歯予防を開始していただきたいと思います。
お子さまが小さい時は、無理に押さえつけて磨こうとせずに、お子さまにあった歯ブラシで遊ばせたり、清潔なガーゼで口の中を拭いてあげるなどの習慣付けをさせることが重要です。

<br /> 歯の治療は痛い?

お子さまにとって、最初に受ける歯科治療はとても重要なものと考えております。
お子さまが痛みを感じることにより、歯医者さんを怖がる原因を作ることになってしまいます。
歯科医として、痛くない治療(無痛治療)を行うことは最も重要なことであり、無痛治療を実現することでお子さまの信頼を得ることが出来ます。

<br /> 治療費は?

健康保険が適用されるため一般診療と同じです。
ただし6才未満のお子さまは治療の難しさから、多少高めの設定になっております。
そのため6才未満のお子さまと6才以上のお子さまでは、同じ治療でも治療費が異なってきます。
またお子さまの負担を軽くするために、1回で数本の歯を治療いたしますので、治療費が高くなることがありますが、健康保険内で治療を行いますので、平均していただくと一般診療と変わりません。

<br /> お母様方へ

当院では、お子さまのお口の状態と治療方針をお母さま方に十分に理解していただいた上で診療を行うシステムを採用しております。そのために担当医制、予約制を採用し、お子さまとお母さま方に安心していただける歯科医療をご提供しております。また、小児歯科専門医との連携により、お子さまから歯科に対する恐怖感を取り除き、ひとりで治療が出来るまでの治療プログラムを用意しております。